ちゃり通

暴走Ducati乗りの暴走っぷりを晒す日記(笑

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

vsイタリア。

Image7097.jpg

週末に、1月に頼んでいたパーツがようやく届いたと連絡を受けました。
そして、一番楽しみにしていたものだけ取り急ぎ支払いして受け取りました。

Image7098.jpg

梱包をあけてみると・・・こんなもんです。

Image7099.jpg

そして、このパーツを組み合わせると、こんなカンジに。
もうお分かりですね。アンダーカウルです。
というわけで、金曜夜と土曜日で取り付けしてみました。

Image7100.jpg Image7101.jpg

取り付け説明書を見て、まずはカウルのステーを取り付け。
金曜の夜にここまではやっていたのですが、実はすでにこの時点で問題が出ていました。
ひとつは左前のステー。ネジ径と長さが合わず止められない。
さらに仮付けしてみると、これは予想できていましたが穴が合わない(爆

というわけで、前回に引き続きいろいろと材料を仕入れるために土曜日に続くことに(笑

Image7103.jpg Image7104.jpg

そして土曜日。ネジやら何やらを仕入れて本格的に取り付けです。
仮付けの段階で今回は大筋が決まっていたので、まずは左側から固定。
そして左側が固定できてから問題の右側です。
写真の通り、右後方のビス穴がステーとまったく合わないため、
DIY店でプレートを買ってきて延長ステーにして対応。
幸いこれだけでビス穴の調整が出来て、無事に取り付け完了!

Image7105.jpg Image7106.jpg

というわけで、クロさんがこんな感じになりました。
しかし・・・どう見てもこれはコケたら即オシャカですね。気をつけねば(爆


※おまけ

Image7107.jpg Image7108.jpg

これが取り付け説明書です。・・・これだけでどうしろと?www

スポンサーサイト

PageTop

禁断の一手。

さて、少し前に初のネット購入というネタを晒しました。

私が不器用なのと、右目の調子が悪いのもあり、22・23・24と3日使って
この購入パーツの取り付けをしていました。いやぁ妙に手間がかかった・・・(苦笑

あ、ちなみに調子の悪い右目は25日に眼科で見てもらった結果、軽い結膜炎でした。
というわけで現在目薬治療中。当然コンタクトレンズ着用禁止です・・・orz

そんな戯言はさておき、早速久しぶりの素人奮戦記です。

Image7014.jpg

この箱。気になる中身がこちらです。

Image7054.jpg Image7055.jpg

ZARD スリップオンマフラー「PENTA」

禁断のスリップオンです。

「・・・お前マフラーはやらないって言い張ってたよな!?」

・・・はい。言いました。強硬に主張しました(キッパリ

でもさー、仕方ないじゃんよ。panigale乗りの人に、「Monsterでこんなヤバイヤツありますよ」って
写真見せられたわけよ。そしたらこのデザインよ。そりゃさ、音を別に気にしてなかったから
写真見せられるまでは全く関心なかったさ。それはホントだよ。で、ここにきてこのデザインでしょ。
そりゃ一発で堕ちるよ。一目惚れだよ。会社でも画像見つけて仕事の合間に眺めるよ。
気がついたらネット代行で取り扱い見つけて問い合わせしちゃうよ。見積もりも取っちゃうよ。
この流れをバイク乗りの誰が責められる?責められないでしょ?ね?ね?(核爆


・・・取り乱しました。つまりはそんなせめぎあいの結果がこれなわけです(笑

で、3月21日の夜に会社の工具を借りて帰り、夜中から作業開始。

Image7056.jpg Image7057.jpg

まずは純正サイレンサーを外します。スプリングを外すのに苦労した以外は問題なし。
まぁ、ここはサイレンサーサポートを付けるときに一度弄ってますからね。

しかし、純正サイレンサーってかなり重いのね・・・。PENTAの軽さにビックリしました。
大して変わらないだろうとタカを括っていたのですが、予想以上の重量差でした。
そして、取り付け初日の問題はここからでした。

1・現在使っているサイレンサーサポートは全く位置が合わない。
付属品を使えば良いわけですが、せっかくのモトコルセのパーツが使えなくなりましたorz

2・なぜかサイレンサーサポートを締めていたボルトが1本なくなっていた(滝汗
これがビックリ。外そうと思ったらそもそもボルトがない。
つまり、今の今まで左のサイレンサーはサポートがボルト1本で持っていたわけです。
よくもう1本は外れないでいたもんだと感心しました(爆

結局、予備ボルトなんて当然持っていなかったのでここで作業強制終了。

---
そして、明けて3月22日。ボルトも調達して、帰ってやるか!と意気込んでいたのですが・・・
仕事が終わらず帰ったのが26時orz 結局3月23日の朝から取り付け再開になりました。

で、3月23日朝。実はこの日、ショップの人たちが走りにいくという話を聞いてました。
それに合わせて何とか仕上げようと思っていたのですが、右目の異常に加え、
肝心の取り付けはさらに問題が発生した為に全然間に合いませんでしたorz

Image7058.jpg Image7059.jpg Image7060.jpg

一応仮付けまではできたんですが、2日目に発生した問題はこちら。

1・全体的に強度がないような気がする。
付属品を全て組み付けても、サイレンサーサポートがふにゃふにゃで不安でした。
で、ホントにこれで大丈夫なのか午前中にドゥカティ宇都宮へ持っていって相談。
ちなみに右目の写真はちょうど向かう途中に撮ったものです。
O店長にアドバイスをいただいた結果としては、だいたいこんなもんで、
むしろこれ以上カッチカチにすると逆に振動で割れる恐れが出てくるとのこと。

2・左サイレンサーがハザードに干渉。
実はこれは覚悟していました。ネットの取り付け画像見てもナンバーとのクリアが少ない。
すんなり行くことはないだろうなぁ・・・と思っていたら案の定(苦笑
なぜか左だけが干渉するという現象で、スペーサーを付けてバランス取りが必要にOTL

3・サイレンサー固定スプリングが明らかに短い。
ただでさえテンションの強いスプリング。仮付けした段階でフックまでの距離が
明らかにかなり長い。測ってみたところ120mm近くありました(^^;
こんな距離付属品の短いスプリングで届くわけがない(爆

・・・てなわけで、進めるごとに問題がどんどん出てきてしまい、
結局2日目も追加パーツ購入で夕方になってしまいました。
おまけに実は午後からは仕事してまして、夕方に中抜けして夜また戻ってやっていたら、
仕事が片付いたのが丑三つ時(大爆

こういう状況で、サイレンサー取り付けはまさかの3日目に突入と相成りました(笑

---
こうして迎えた3月24日、今日こそ!と固い決意で臨んだ3日目。
慎重に選んできた追加パーツを組み込み・・・

Image7061.jpg Image7062.jpg Image7063.jpg

できた!

結局サイレンサー左は8mm厚のスペーサーをかませることで何とかなりました。
まぁ、それと同時に左右のバランスも割と綺麗にまとまってくれたんですけどね(笑
そして、サイレンサースプリングはおそらく普通に買える最長の100mmを使用。
コレを使うことで何とかフックに届いてくれました。

しかし・・・かなりセクシーになりましたねぇ(自画自賛

こうして見てもらうと、ホントにデザイン重視で買ったと納得してもらえると思います。
音は二の次なんですよ、二の次(笑

・・・これでますます純正パーツ率が下がってしまいました。
冗談抜きに外見から純正パーツ判断できないかも(笑

PageTop

新規パーツ。

ようやくバイクネタ(未完)です(笑

もう結構前になりますが、代理店を通して注文していたものが届きました。
しかし、時間がなかったり色々問題があったりでなかなか取り付けが進まず。
ようやく形にはなったのでとりあえず公開です。

Image6650.jpg Image6651.jpg

Carbonworldのカーボンパーツです。
難儀しているのがこの二つ。なんとかキーガードは付きましたが、
実はメーターパネルで今も調整中です。写真に赤丸が付いている部分、
つまりシフトインジケーターの固定がいまだにできていません。
カーボンに両面テープが付かない為、固定方法をどうしようか思案中。
とりあえずDIYで使えそうなパーツはそろえたので、これからちょっと細工してみます。

Image6652.jpg

もう一つはBabyfaceのヘルメットロックです。
写真からは分かりませんが、ロック本体よりも取り付け用ベースのほうが
圧倒的に重く大きいというなんともいえない構造をしています。
そのくせ固定はネジ1本なので、ネジロック併用でないと恐ろしくて使えません(苦笑


さて、とりあえずこれからシフトインジケーターの取り付けです。
終わり次第久しぶりにちょっと走ってきま~す♪

PageTop

例によって。

さて、昨日の記事の続きです(笑

土曜日は午前中にお仕事。その後ちょっとした用事を済ませて、
うちに帰ってきてからはクロさんのパーツ取り付け。

Image5059.jpg

昨日紹介したこれです。

Image5060.jpg

これはクラッチカバーのところに付くのですが、さぁ、どう付くのでしょう。
パッと見の形状では上下に付くと思いますよね~。

Image5061.jpg

私もそう思っていたのですが、実際にやってみると全然違いました(笑
まず骨組みのようなもの。これは外側カバー取り付け用のベースフレームでした。
というわけで、クラッチカバーのネジを外して、フレームをつけてネジ止め。

で、取り付け完了の写真を乗せていますが、ここでまたも問題発生(爆
以前取り付けしたカーボンワイヤリングカバー、これがまたも干渉。
というわけで、今回もヤスリでガリガリ・・・。
ほんと、イタリア製品って・・・(苦笑

Image5062.jpg

まぁ、今回はそんなに大変でもなかったので比較的簡単に取り付け完了。
仕上がるとこんな感じです。

これで、あとはリアタイヤ周りのパーツ取り付けで大体のカスタムが終わります。
完成形がどうなるか、私も楽しみなんですよ・・・(笑

PageTop

深夜営業・3。

はい。これだけやってまだ終わってないの?という深夜営業。
でもこれで最終回です(笑

1・2で取り付けたパーツのほかに、もう一つ引き取ったパーツがあります。

Image5013.jpg

この部分に付いているワイヤリングカバーです。これを

Image5014.jpg

カーボン製に交換・・・という手はずだったのですが・・・

Image5015.jpg

まず最初の問題。ケーブルホルダーのベース穴です。

全然径が合っていないというか、ただ開けてあるだけ?(爆

というわけで、写真にも写ってますが地道にヤスリ掛けして穴径を広げて行き、

Image5016.jpg

ケーブルホルダーは無事装着。

そして同時にまた問題発生(笑

まぁ、最初に躓いた時点でこれも覚悟しておくべきだったんでしょう。
取り付け用のビス穴部分、厚みが厚すぎて取り付けどころかそもそもビスが届かない(汗

というわけで、水曜日はここまででやむなく作業中断となりました。

・・・

そして翌木曜日。

会社でグラインダーを借りてガリガリと削る。

パーツ取り付けのためにまさかここまで大仕事になろうとは。
ただ、私は事務方ですが、会社が製造業でありがたかったです。
工具がいろいろあるので作業には困りません。まぁ、私が素人なので精度がアレですが(笑

Image5017.jpg Image5018.jpg

頑張ってここまで削りました。

㍉単位ではなく㌢単位で削りました(爆

どんだけ適当な作りなんだよイ○リア製品(笑

そして・・・

これでもまだ削り足りませんでしたorz

というわけで、金曜日にまた会社で削り、これ以上やったら割れるんじゃね?
というところまで頑張ってきました。そして、ここで工具を借り忘れるOTL

結局取り付けできたのは土曜日でした。でも無事に付きましたよ~。





・・・おまけでもう一ネタ。
木曜日にちょっと打ち合わせをしていたものがあり、土曜日に形になりました。
なので、午前中仕事を片付け、午後に用事をこなした後、夕方になってから

Image5019.jpg

真岡駅のすぐ近くにあるこちら、丸正さんへ。
真岡駅周辺は完全に寂れてしまっているのですが、逆にこういった職人気質の
個人商店がまだいくつか残っています。

で、この丸正さんは鞄などの仕立て直しをしてくれる個人業主です。
手回しのミシンが置いてあって、いかにもな感じでした。
・・・ここで何を頼んだのか、もうお分かりですね。そう、コイツです。

Image5020.jpg

見た目重視で取り付けたこのグラブバー。
そしてこれのおかげで完全に付けられなくなったリアバッグ。
だからといって当然諦めるわけはにいかないので、バッグのベースを加工してもらっていました。
モノがモノだけに加工できるのかどうか微妙だったのでそれが一番の心配だったのですが、
検索でヒットした丸正さんに持込で相談してみたところ、
ミシンの針を通してみたりしてちょっと考えた後、
「多分切れると思うから、やってみようか?」と預かってくれました。

そして・・・、

Image5021.jpg

付いた!

グラブバーのフレーム部分にバッグのベース下部が干渉してしまっていたので、
両側のベース下部をギリギリのところで切って縫い直してもらいました。
おかげで、干渉する面積が減ってなんとか取り付くようになりました!

限界まで切ってもらって、それでもまだ干渉は少ししているのですが、
これで現状のリア回りの状態でもロングツーリングには出られることが確定しました。
しかもお値段も良心的だったので大満足です♪

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。