ちゃり通

暴走Ducati乗りの暴走っぷりを晒す日記(笑

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

革新的技術。

今日は朝2時間ほどお仕事。
10時を過ぎた頃に会社を出て、ホンダドリーム宇都宮に行ってきました。

移動時間を利用してこの間移設したCCDカメラの再テストもしてます。
とりあえず移設場所はこれでOK。ブレも思った以上になかったです。

そして、ホンダドリームにて。今日はコイツに試乗して来ました!!

ウワサのDCT。

VFR1200F・DCT

新機構・デュアルクラッチトランスミッション搭載のVFR。
ただのAT車ではありませんでしたッッ!!
そんなわけで、早速インプレ行ってみましょう!

Image2584.jpg 

まず、注目の本体左サイド。当然と言うか、シフトペダルがありません!
やはりポジション的に凄く違和感があります。これはもう慣れの問題だそうで。

マニュアルモードのみ。 切り替えは楽。

そして左ハンドル周り。もちろん、クラッチレバーもありません!
この辺はミッション車に乗っている人は違和感バリバリです。
なんか寂しいんですよね(笑
ちなみに左ハンドルはMTモードのシフトアップ&ダウンスイッチがあります。

右も。 スイッチだらけ。

右ハンドルはATモード・MTモードの切り替えスイッチです。
ハンドル奥側のスイッチでAT/MTの切り替え、
ハンドル手前側のスイッチでATの走行モード切り替えになります。
驚いたのはATモード切り替えにあるNスイッチ。
ここを押すことでニュートラルになります。

シフトが繋がっている状態でスタンドを降ろすと当然エンストしますが、
そのときに自動的にニュートラルに戻るんです。
恐るべき高性能。

○基本操作
エンジンをかけて、ATモードスイッチを押すとニュートラルが解除されます。
これでもうスロットルを開ければ走ります。エンストしません(笑
ATモードはD(通常走行)S(スポーツ走行)の2モード。
Sモードのほうが高回転域まで引っ張ると考えてもらえばわかりやすいです。

D・Sのモード切り替えもスイッチを押すだけ。他に何の操作もいりません。
つまり走行中にも随時切り替えが可能。

前述の通り、AT・MTの切り替えは右ハンドル奥側のスイッチで行いますが・・・、
実は左ハンドルのシフトスイッチでも切り替え可能みたいです。
ATモード中に押してみたらMTモードに切り替わりました(笑
ちなみに、こちらも走行中に随時切り替え可能です。

あくまでもMTモードはシフトタイミングが任意に変えられるシステムのようで、
高いギアのままで信号待ちとかの停車になると、自動的にギアが下がるそうです。
やはりこのシステムは凄い。

○インプレ
さて、ここで乗ってみてのインプレです。

・足つき、ライディングポジションはかなり良好。
エンジン周りの絞込みが大きいので、足つきは車体サイズにしてはかなりいいです。
それでも身長156cmの私では片足の爪先がやっとでしたが(笑
ライディングポジションはやはりツアラー仕様ということでとにかく楽。
これは200kmくらいの走行ならほとんど疲れないのではないでしょうか。

・操作性よし。ただしやはり重い。
スタンドを払って車体を起こすときはやはり重さを実感します。
車体重量280kgは伊達じゃないですね。
ただ、一度走り出してしまえば重さを感じないくらいにすいすい走ります。

・ATモードがとにかく楽!
そしてDCTの一番の売り、シフトです。速度に合わせて勝手にギアチェンジ。
これがとにかく楽。そもそもがビッグスクーターと違うので、乗り出してしまえば
意外とあっさりと慣れます。これはすごく楽&楽しいです。

・MTモードでも楽しめる!
ATモードで物足りなくなったらMTモードに切り替え。
これもスイッチ一つで切り替わるのでいつでもできるのが強みですね。
シフトアップ&ダウンもスイッチ一つで簡単に行えます。
これは峠道で走るときにかなり使えそう。
むしろ街乗りだったらATモードだけでよさそうなくらいです(笑

・AT・Dモードの低速のガタつきが気になる
全体的にはかなりよかったのですが、唯一気になったのがこの点。
AT・Dモードの低速走行では結構ガタガタと振動が発生します。
あまりにも気になったのでわざとSモードにしたくらい。
発進とかは低速ギアで引っ張るSモードのほうがいいのかもしれません。


そんなわけで、VFR(DCT)の試乗レポートでした。
正直、「ATじゃなぁ・・・」とか偉そうなこと言ってたんですが、

ごめんなさい。私が悪うございましたOTL

お高いですが、これはかなり面白いバイクです。こいつで峠も走ってみたい(笑
試乗車設定しているところも結構あるようなので、気になる方は乗ってみては?

※実はミッションのVFR1200Fも以前試乗してます。レポートはコチラ(笑
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

私もノーマルタイプの方は試乗しました。

新型VFRは今乗ってるのと全く同じポジションで全然違和感なく乗れます。

それでいて、低速のトルクやパワーも全然違い、空力性能もアップしています。また、新型カウル形状により、熱がこもらず、下に逃がす形状になっているので、現時点の国産では1番快適なツアラーだと思います。

DCTはアレコレ言う前に、とにかく1度乗ってみろということですね、私も試乗しに行ってみますよ、痛VFRで新型VFRを(笑)

daisuke | URL | 2010年08月22日(Sun)20:41 [EDIT]


Re: daisukeさん

個人的にはVFRもローダウンさせたいところです(苦笑
風防効果はかなり高いのでその点は凄くいいですね~。
純正スクリーンでも高速が楽そうでした。

DCTは予想外に楽しかったです。これはアリですよ。
是非試乗してみてください♪

C-H | URL | 2010年08月22日(Sun)21:14 [EDIT]


やっぱり乗らず嫌いはいけませんね~。
私も試乗会は好きなのですが、最近ご無沙汰してるので、
涼しくなったら行きたいぁと思っています(^^)
この時期は車のディーラー行って、エアコン効かせて
CR-Zでも試乗するのが幸せになれるかも(笑)。

というわけで、3輪バイクとハーレーの試乗会に行きましょう(笑)。

K壱 | URL | 2010年08月23日(Mon)19:17 [EDIT]


Re: K壱さん

そうですね~。乗ってみて初めて分かることもありますし(笑
コかすのが怖いのであまり行ってなかったのですが、ちょっとずつ慣れてきたので、
いろいろ試乗会にも行ってみたいです♪

CR-Z・・・試乗したい!!(笑

でも行くのは3輪バイクとハーレーなんですね(笑
アメリカン乗るのめちゃめちゃ怖いんですが・・・(^^;

C-H@会社 | URL | 2010年08月24日(Tue)18:52 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。