ちゃり通

暴走Ducati乗りの暴走っぷりを晒す日記(笑

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

深夜営業・2。

さて、夜中のパーツ取り付け第二幕です(笑
火曜日・水曜日で実はまたパーツが届いており、前日頓挫したボルトも含めて、
2日間で一気に取り付けを進めました。

まず、初日にいきなりがっかりさせられたDBTボルト。
こちらは、会社の工具を借りて作業することで解決しました。
しっかりとした大型六角レンチとコンビネーションスパナを貸してもらって、
やはり夜中に作業。
火曜・水曜とも23時ごろから作業開始して、切り上げたのが25時半(爆

いや~寒かった。(当たり前です

この2日で取り付けできたのは先日のボルトと、

Image5003.jpg Image5004.jpg Image5005.jpg

STM 「フロントフォークアジャスター」
Moto Corse 「サイレンサーサポート」
Ducati Performance 「タンデムシートグラブバー」


まずはこちら。

Image5006.jpg

796はプリロードアジャスター付いてませんが、ワンポイントのためだけに
このアジャスターを購入していました。やっぱりいい色です。
アジャスター先端に3φのネジ穴があり、それを締めると脱落防止ネジが機能します。
ビキニカウルや配線類があるのでこのネジを回すのが意外に難儀しました。

次にサイレンサーサポートとグラブバーですが、
サポートを取り付けたのが火曜日、グラブバーが届いたのが水曜日(笑

詰まるところ二度手間になりました(爆

さっそく素人の奮闘記@サイレンサー編です(笑

Image5007.jpg Image5008.jpg

まずは純正のサイレンサー固定ブラケットを外します。
実はここも手持ちの工具では全く歯が立たなかったんです。
会社から借りてきたコンビネーションレンチと六角ボルトを使ったら、
ものの5分で外し終わりました。やはり工具はしっかりしたものだと違いますね(笑

Image5009.jpg

こちらが取り外した固定ブラケット。

Image5010.jpg

これからご覧の通りにゴムパッキンとスペーサーを取り外し・・・

Image5011.jpg

コルセのサイレンサーサポートに移設。

Image5012.jpg

最後にサイレンサーボルトをつけて、とりあえずパーツは完成。
この状態になったサポートをサイレンサーに仮止めして、
そのままシート下の元の位置にサポートを固定します。

ちなみに、グラブバーはサポートのスペーサーと同じ厚みなので、
単純にスペーサーとの差し替えで取り付けが可能です。
ただ、サポート本体もそうでしたが、グラブバー取り付けについても
特にシート下のネジ穴をあわせるのがかなり面倒でした。

実際、片方外すのに10分、取り付けなおすのに40分くらいかかった感じです(汗
ちなみに完成画像は後日、ちゃんと明るいところで撮影します(笑

そして、ここで懸念していた問題が現実に。

グラブバーをつけるとリアバッグが付けられない。

バッグのべースがグラブバーに干渉してしまい、これはもう如何ともしがたい状態に。
どんなに頑張ってもシートがベースに付きません。
・・・まいったなぁ。




で、実はまだ終わっていないものがさらにネタとして残っているのです。
ちゃんとついたらパート3で公開します。でもホントに取り付くのかなアレは・・・。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

工具は大事ですね

真夜中の作業、お疲れ様です(笑)

ウチでやったら間違いなく不審者としてご近所から通報されます(爆)



低品質な工具使うとボルトなめちゃったりして、後が大変なんですよね~(苦笑)

しかしグラブバーとバッグがトレードオフってのは困りもんですね・・・

おいち | URL | 2012年03月24日(Sat)22:48 [EDIT]


Re: おいちさん

なんでわざわざあんな時間に作業してたのか、自分でも謎です(笑

やっぱりバイクについているようなツールセットは応急のものなんですよね。
今回でそれを痛感しました。いずれちゃんとした工具もそろえようかな・・・。

グラブバーとバッグ、トレードオフなんてやってられないので、またやらかしました。
続きの記事でそこら辺は明らかになります(笑

C-H | URL | 2012年03月24日(Sat)22:54 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。