ちゃり通

暴走Ducati乗りの暴走っぷりを晒す日記(笑

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

北信越ツー3。

今日は目覚めたのが7時。外は雨でした(汗
天気は今日から崩れると聞いていたんですがまさか朝から降ってくるとは。
慌ててバイクを雨の当たらないところへ移動してきました。
すぐに止みそうな程度の雨だったのが幸いでした。

8時20分にチェックアウト。運よくこの時点で雨は止んでくれました。
いつ降り出してもおかしくない曇天の中、ツーリング最終日のスタートです。

○福光-金沢-北陸道-糸魚川

まずは南砺市から富山r27で石川県金沢市へ。目的はお土産を買うことのみ。
今回は兼六園も金沢城も入りませんでした。
無事にお土産を買って発送依頼も終了。ここからは山側環状に出て、
金沢森本ICから北陸道に入ります・・・が、山側環状で雨が本降りに。
しかし、どうも雨は西側から流れてきているようなのでここは我慢。
北陸道に入って少し止んだと思ったらまた降ってきた為、諦めて小矢部川SAへ。
ここでハーレーのトライクをはじめて見ました。ライダーのおじさんとちょっと談笑。
ここで雨具を着て、この先スタンドがないということで給油して再出発。

結局この後雨はすぐ上がってしまい、呉羽PAで休憩して雨具を脱ぎました。
ここでツーリングに行く予定だった友達から着信があったのでちょっと電話。
とりあえずビーナスラインの報告をして「次こそは行こう」となりました(笑

呉羽PAからは無休憩。一気に糸魚川ICまで行きました。
通常なら料金3000円越えてますが、さすがETC。1000円でお得♪

○糸魚川-小谷-白馬-長野-小布施

糸魚川ICを降りた時点で13時過ぎ。ここからはR148を南下し白馬村に入ります。
山間の整備された国道を南下。かなりスムーズに流れます。
ただ、何か食べようかと思ってもよさそうなところが見つからず。
実は昨日に続き今日も昼飯喰いっぱぐれました(笑

R148白馬駅前から左折し、R406鬼無里(きなさ)街道に入ります。
ここも山間の国道ですが、集落は殆どなく、とにかくワインディングが続きます。

406。 道はこんなカンジ。

結構道幅はありますが、路面状態が若干悪いです。酷道とまではいかないですが(笑
こんな道を40kmほど走ると長野市街地に入ります。善光寺の前を通過し、
少しだけR18と重複して須坂市内で今度はR403に入ります。
小布施町の方に向かったのですが、ここも観光地らしいですね。結構人が多く、
道が狭いこともあって抜けるのにちょっと苦労しました。

○小布施-渋峠-草津-渋川-前橋-佐野-東北道-北関東道-真岡

小布施市街地を抜けてしばらく走ると、最終目的地R292にぶつかります。
今回のツーリング最終目的地、国道最高点の渋峠があります。

まずは峠に入る手前の道の駅「北信州やまのうち」でしばらくぶりの休憩。

草津方面を望む。

この時点でもう17時になっていたのであたりは夕闇が包み始めていました。
とりあえず寒さを予想して出発前日に買っていた防寒ジャケットを装備して出発。
道幅は広く路面も安定しているのでかなりスムーズに上っていけます。
そして標高をどんどん上げていき、標高2000m付近、横手山辺りからいきなり濃霧。
有効視認範囲が20mほどしかないというとんでもない状態に(汗
おかげで渋峠の標識すら確認できず、迂闊に停まることすらできませんでした。
オマケにこの霧、下りになっても晴れずに残ってしまい、暫くは超低速走行でした。

草津町内まで降りてしまえば、後は何の変哲もない普通の国道繋ぎ。
R292・R353で渋川市へ出て、R17で前橋市へ。丁度いいのでR50のばりきやで晩飯。
そのままR50を東進し、佐野藤岡ICから東北道・北関東道と繋いで帰ってきました。

最終日は最長の約520km走行。そして写真撮影は一番少なかったという(笑
北関東道では疲れでまっすぐ走るのがつらいという状態で帰ってきました。

快晴のビーナスラインを走り、超一流の酷道を走れた充実の3日間でした。
実は一人旅で宿を取ったのは今回が初めてだったのでとても楽しかったです(笑



スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。