ちゃり通

暴走Ducati乗りの暴走っぷりを晒す日記(笑

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

交換。

実は昨日のネタの続きです。
一昨日の立ちゴケで曲がってしまったクラッチレバー、強引に曲げ戻したわけですが、
当然元には戻るはずもなく、まだ曲がってはいたわけです。

シフトチェンジとかには影響ないですが、ものすごく握りづらくなってまして、
左手に尋常じゃない負担がかかってました。ちょっと乗ると痛くなるくらいに(苦笑
というわけで、丁度2りんかんに純正のクラッチレバーがあったので買ってきました。

今日のネタはこのクラッチレバー交換です。素人が自力交換にチャレンジしました(笑

ネタにするほどのもの?と思うかもしれませんが、素人をナメてはいけない。
自分で出来るものとやらないほうがいいものの区別なんてつかないのですよ。
全部やってもらうのが一番確実なわけですし(ぉぉ
それで全部割り切ってしまうのも嫌なので今回は自分でやってみました。
ちなみにいうまでもなくCBR600RRでの内容です。
他のバイクだと作業方法が違うことも当然あることはご了承くださいm(_ _)m

まず帰宅後にネットで検索。レバー交換の手順を確認し、自力でも行けそうと確信(笑
さすがに外すだけ外して戻せなくなったとかは避けたいですしね。

さて、自力で出来る確信を得たところで早速作業開始。
まずはクラッチワイヤーのネジを緩めておきます。

最初に。

これでワイヤーのテンションを緩めておかないと当然抜けません。
この後にクラッチレバーを外します。使うのはマイナスドライバーとスパナ。
基本的にバイクについてくる車載キットで対応できる・・・はずです。

抜き落とす。

上のネジにマイナスドライバーを差し込み、下のナットを緩めていきます。
難しくはないですが、スペースが狭いので思いのほか手間がかかります。

ナットが外れたら今度はマイナスドライバーで上のネジを抜き取ります。
ネジを抜けばベースからクラッチレバーが外れるので、レバーの溝からワイヤーを外します。
これで曲がったクラッチレバーが外れました。

あららら・・・。

丁度いいので2本のクラッチレバーを比較してみました。
先端の方に向かうにつれて少しずつ曲がっているのが分かると思います。
これくらいの曲がりでも体への影響は大きいんですよね・・・。

逆順。

さて、今回は単純にレバー交換だけなので、後は外したときと逆順でつけていくだけ。
最後にワイヤーのテンションを調整して終了。大体25分くらいで出来ました。

失敗といえばグリスを持っていなかったこと。とりあえずシリコンスプレーしておきましたが、
今度買ってきてまた外して塗りこんでおいた方がよさそうです。

レバー交換後に軽く走ってきましたが、やっぱりクラッチレバーの操作が格段に楽に。
交換してよかった~(笑
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

お見事です!!

見た目にはあまり変化がなくても、結構違うみたいですね…。
万が一の為に、予備で一つ持っておくと安心ですね。
自分は、お金に余裕が出来たら金色のレバーにしてみたいと思っています (笑。

みつるライダー | URL | 2010年01月25日(Mon)08:38 [EDIT]


Re: みつるライダーさん

私は手も小さいので余計に影響が出ました。
ちょっと見た程度ではあまり分からない曲がりだったんですが、
実際に握るとかなり辛い状態になっていたんですよ・・・(^^;

レバー自体は1500円もしないのでまた予備入れておこうかな・・・。いや、
やっぱり中村監督の言うとおり可倒式レバーにしようかな・・・。
と、そんなところでちょっと迷っている今日この頃です(笑

金色のレバー!!・・・もしや18Kですか!?(笑ぉ

C-H | URL | 2010年01月26日(Tue)00:18 [EDIT]


レバー交換お疲れ様でした。
ちょっとの曲がりで操作感は変わってきますからね・・・

CBRのレバーは値段普通ですね。
バンのレバーはアジャスター付いてたので3倍くらいして凹みましたよ・・・(苦笑)

おいち | URL | 2010年01月28日(Thu)00:07 [EDIT]


Re: おいちさん

操作感もそうなんですが何より手が痛かったんですよぉ・・・orz
もう指先が届く限界に近い状態だったんで(汗

予想していたよりも販売価格が安かったのですぐに買いましたよ。
おかげで今はまた快適操作感です♪

C-H | URL | 2010年01月28日(Thu)23:20 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。